18 膝関節の仕組み
19 膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折 (けいこつかぶこっせつ)
20 𦙾骨と腓骨の働き 腓骨は役目を果たしているのか
21 𦙾骨顆間隆起骨折 (けいこつかかんりゅうきこっせつ)
22 膝蓋骨骨折(しつがいこつこっせつ)
23 膝蓋骨脱臼 (しつがいこつだっきゅう)
24 膝蓋骨骨軟骨骨折(しつがいこつこつなんこつこっせつ)・スリーブ骨折
25 膝離断性骨軟骨炎 (しつりだんせいこつなんこつえん)
26 膝蓋前滑液包炎 (しつがいぜんかつえきほうえん)
27 膝窩動脈損傷 (しつかどうみゃくそんしょう)
28 腓骨骨折 (ひこつこっせつ)
29 𦙾・腓骨骨幹部開放性骨折 (けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)
30 下腿のコンパートメント症候群
31 変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)
32 腓腹筋断裂(ひふくきんだんれつ)、肉離れ
33 肉離れ、筋違いと捻挫、腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷(ちょうようきんざしょう)
34 半月板損傷 (はんげつばんそんしょう)

腓骨の単独骨折は、近位端骨折、骨幹部骨折、遠位端骨折の3種類です。

赤○印、上から近位端、骨幹部、遠位端

腓骨は、𦙾骨(=脛骨)と対になって下腿を形成している骨で、長管骨に属し、𦙾骨の外側に位置しています。
膝外側を手で触れると、ボコッと飛び出している部分が確認できますが、それが腓骨近位端部です。膨らんでいる近位端は、腓骨頭と呼ばれています。
腓骨頭の先端にはとがった腓骨頭尖があり、𦙾骨に面する部分に腓骨頭関節面を有しています。

交通事故では、バイク、自転車と自動車の出合い頭衝突などで、膝の外側部に直撃を受けたときに、腓骨近位端骨折もしくは腓骨頭骨折を発症します。
腓骨頭部には、坐骨神経から分岐した腓骨神経が走行しており、腓骨神経麻痺を合併することがありますが、そうなると、大変厄介です。
腓骨神経麻痺の詳細は、後段で解説しています。

中央部の骨折は、骨幹部骨折と呼ばれています。

 

腓骨骨幹部骨折のXP画像です。
転位が大きく、AOプレートで内固定されています。

しばしば、𦙾骨骨折を合併することが多く、骨短縮、仮関節、コンパートメント症候群の後遺障害を残すことがあります。この詳細も、後述しています。

遠位端部の骨折は、外くるぶし部分で発生する頻度が高く、足関節外果骨折と呼ばれています。
この詳細も、小学生の成長期と大人で分けて、後段で説明しています。

 

腓骨の単独骨折では、転位が少なく、ギプス固定されたものは、およそ7週間で骨癒合が得られます。
手術が実施されたときは、骨折のレベルによりますが、概ね、12週で骨癒合は完成します。

腓骨の単独骨折における後遺障害のポイント

これまで、𦙾骨は体重を支える骨のため重視されてきましたが、腓骨は軽視される傾向にありました。
しかし、腓骨には、歩行時の衝撃の吸収と、足首を自在に動かす、巧緻運動の役目があります。
これらの役割が、腓骨の骨折で、どのように阻害されるのか、
従来よりも、拡大した観点で、後遺障害を探る必要があると考えています。

骨折部の骨癒合の状況は、3DCTで立証します。
足首の可動域は、背屈と底屈にとどまらず、内転、外転、内返し、外返し、回内、回外にまで範囲を拡げて、機能障害を検証する必要があります。
サッカーの絶妙なシュートやパス、あるいはドリブルなどは、下腿骨が2本あることによって足首が自在に動きはじめて可能になるのですが、これが障害されたとなれば、立派な後遺障害です。