5 股関節の仕組み
6 股関節後方脱臼・骨折 (こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)
7 股関節中心性脱臼 (こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)
8 外傷性骨化性筋炎 (がいしょうせいこっかせいきんえん)
9 変形性股関節症 (へんけいせいこかんせつしょう)
10 ステム周囲骨折
11 股関節唇損傷 (こかんせつしんそんしょう)
12 腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷 (ちょうようきんざしょう)

 

乗車中の交通事故で、膝がダッシュボードに打ちつけられ、発症することが多く、dashboard injuryと呼ばれています。

運転席や助手席で膝を曲げた状態のまま、ダッシュボードに膝を打ちつけ、大腿骨が関節包を突き破り後方に押し上げられて発症します。

股関節脱臼に伴い、寛骨臼=大腿骨頭が収まっている部分の骨折も、多く見られます。

全体の70%は後方脱臼となり、以下、これについて解説します。

 

関節の脱臼につき、脱臼部位の痛み、腫れ、関節の異常可動域、内側に異常に曲がる状態となり、後方に大腿骨が押し上げられ、大腿は短くなっています。

単純XP撮影で大腿骨頭が、寛骨臼から外れているのが確認できます。

 

後方脱臼では、麻酔下で、外れた大腿骨頭を寛骨臼にはめ込みます。

脱臼に骨折を合併しているときは、スクリューにより、骨折している寛骨臼を固定します。

 

骨折を合併しているときは、骨折片が坐骨神経を圧迫し、坐骨神経麻痺を引き起こすことがあります。

 

大腿骨頭は、3本の血管により栄養を送り込まれていますが、脱臼によりこの血管を損傷すると大腿骨頭に栄養や酸素が供給されなくなり、大腿骨頭が壊死に至ります。

股関節脱臼を24時間以内に整復しないと、この大腿骨頭壊死が高率で発生します。

大腿骨頭壊死となれば、大腿骨頭部を切断しそこに人工骨頭を埋め込むことになります。

これを大腿骨頭置換術と呼びます。

寛骨臼蓋の損傷の大きいものは、骨頭だけに止まらず、人工関節の埋め込みとなります。

これを防止するには、いかに早く整復固定をするかにかかっているのです。

骨折を伴わないときは、受傷から12時間以内、骨折のあるものでも24時間以内に整復を実施すれば予後は良好と言われています。

 

 

股関節後方脱臼・骨折における後遺障害のポイント

 

1)股関節の機能障害と痛み、下肢の短縮、大腿骨頭壊死に伴う人工関節置換が後遺障害の対象となります。

 

2)股関節の機能障害で12級7号が認められる可能性があります。

また、寛骨臼蓋の骨折の場合は、12級7号以上が認められる可能性があります。

骨折しているときは、そのレベルと、術式、その後の骨癒合がどうなっているかを、3DCTやMRIで丁寧に立証しなければなりません。

 

3)術後、大腿骨頭壊死の可能性は、あまり過剰に気にすることはありません。

なぜなら、ほとんど起こらないからです。

 

4)人工骨頭に置換された場合、この骨頭の耐久性が10年と説明されることがありますが、これも気にすることはないでしょう。

 

人工関節の材質は、ポリエチレンから超高分子量ポリエチレン、骨頭については、セラミックが普及し、通常の生活であれば、耐久性も20年以上とされています。

認定基準は改訂され、人工骨頭、人工関節を挿入置換しても、大多数は10級10号となります。

 

5)骨盤骨の変形に伴い、下肢の短縮が認められるときは、いずれか上位の等級が認定されます。

骨盤骨の変形により歪みが生じたもので、実際に大腿骨や下腿骨が短縮しているのではありません。

骨盤骨の変形は、12級5号ですが、歪みによる下肢の短縮が3cm以上であれば10級8号が認定されます。

 

骨盤骨の高度変形により、股関節に運動障害が生じたとき、これらの等級は併合されます。