1 鼻の構造、仕組み
2 鼻骨骨折 (びこつこっせつ)
3 鼻篩骨骨折 (びしこつこっせつ)
4 鼻軟骨損傷 (びなんこつそんしょう)
5 鼻欠損 (びけっそん)
6 嗅覚脱失 (きゅうかくだっしつ)

鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すものは、9級5号が認定されています。

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部、または大部分の欠損をいいます。

機能に著しい障害を残すものとは、鼻呼吸困難、または嗅覚脱失をいいます。

鼻の欠損は、耳と同じく、外貌の醜状として捉えることができます。

 

鼻軟骨部の大部分欠損であれば、男女ともに、外貌の醜状で7級12号に該当します。

このとき、先の9級5号と併合にはならず、上位等級の7級12号の認定となります。

 

鼻の欠損による後遺障害等級
 

9級5号

鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部、または大部分の欠損をいいます。

機能に著しい障害を残すものとは、鼻呼吸困難、または嗅覚脱失をいいます。

鼻の欠損は外貌の醜状で捉えれば、7級12号となります。