1 鼻の構造、仕組み
2 鼻骨骨折 (びこつこっせつ)
3 鼻篩骨骨折 (びしこつこっせつ)
4 鼻軟骨損傷 (びなんこつそんしょう)
5 鼻欠損 (びけっそん)
6 嗅覚脱失 (きゅうかくだっしつ)

 

鼻骨は、メガネのブリッジが接する鼻のつけ根部分で、眉間にある三角屋根の形をした薄い骨です。

交通事故では、かつて、自動車のハンドルに鼻をぶつけて骨折することが多かったのですが、シートベルトが普及した今、これは激減し、現在は、もっぱら、バイク、自転車の衝突、転倒で発症しています。

外鼻の下部分の3分の2は軟骨でできており、骨折しにくいのですが、鼻骨は堅く折れやすいのです。

さらに、左右の鼻を分けている壁、鼻中隔の骨折を合併することが多いので要注意です。

 

鼻骨は薄く、肘が鼻に衝突したなど、比較的弱い力でも骨折します。

鼻骨骨折では、

①鼻血

②鼻筋が曲がる、斜鼻

③鼻が低くなる、鞍鼻

④鼻が詰まる、鼻閉

これらの症状が出現します。

骨折の診断はXPで可能ですが、折れ方の詳細は、CTで確認しなければなりません。

鼻血や鼻閉は腫れが引けば治まるので、手術をするかどうかは、鼻の変形の程度で決まります。

鼻骨は薄いものの、再癒合しやすいので、受傷後4~10日で手術が実施されています。

手術では、皮膚を切開することなく、鼻の穴に鉗子を入れて、ずれた骨を元に整復します。

鼻骨用スプリントによる外固定とガーゼによる内固定が行われています。

手術後は数日間、ガーゼの鼻栓を入れ、2週間程度、専用のギプスを当てておきます。

※斜鼻 (しゃび)

鼻骨の側面を打撃したときは、鼻骨が横にずれた形となり、斜鼻と呼ばれています。

鼻中隔も骨折して横にずれることが多く、鼻は曲がり、ずれた方の鼻が詰まります。

※鞍鼻 (あんび)

打撃が鼻骨の上から働き、鼻骨が下に落ちる、脱臼と陥没を起こします。

鼻の付け根が陥没している形状を鞍鼻と呼んでいます。

鼻骨骨折における後遺障害のポイント

1)サッカー、ラグビーなどのコンタクトスポーツでも鼻骨骨折は多発していますが、動体視力が良く、日頃から身体を鍛えていることもあって、大多数は軽傷で、後遺障害を残しません。

 

ところが、交通事故では、想定外の衝撃力もあって、重症例が多くあります。

鼻血、鼻筋が曲がる、斜鼻、鼻が低くなる鞍鼻、鼻が詰まる、鼻閉など、事故直後から多彩な症状が出現しますが、鼻血や鼻閉は、手術により治癒しています。

しかし、斜鼻や鞍鼻となると、完治未満で、見た目の後遺障害を残すことが多いのです。

 

2)被害者の方が手術をためらい、耳鼻咽喉科の医師も積極的ではなく、形成外科への転院指示が遅れたときは、やや目立つ変形を残した状態で症状固定を迎えます。

 

受傷後1ヶ月以上を経過した骨折は、陳旧性と呼ばれるのですが、骨折は、ずれたまま癒合しており、形成外科で整復するには、骨切りをして移動させる必要が生じます。

受傷後4~10日以内の手術に比較して治療が難しく、入院期間が長くなる傾向です。

 

こんなときは、斜鼻や鞍鼻変形を醜状痕と捉えて、後遺障害の申請をします。