35 ACL(前十字靱帯)損傷 (ぜんじゅうじじんたいそんしょう)
36 PCL(後十字靱帯)損傷 (こうじゅうじじんたいそんしょう)
37 MCL(内側側副靱帯)損傷 (ないそくそくふくじんたいそんしょう)
38 LCL(外側側副靭帯)損傷 (がいそくそくふくじんたいそんしょう)
39 PLS(膝関節後外側支持機構) (ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷
40 複合靭帯損傷 (ふくごうじんたいそんしょう)

PLSは、LCL(外副靱帯)、膝窩筋腱と膝窩腓骨靱帯で構成されています。
PLSは、主に膝の外側の安定性、外旋安定性に寄与している重要な靱帯と腱の複合体です。

PLS損傷は、膝の靱帯損傷では少ない症例ですが、交通事故に代表される高エネルギー外傷では、複合靱帯損傷で発症しています。
単独損傷は少なく、特に、後十字靱帯損傷、膝関節の脱臼を合併したときは、膝窩動脈損傷、腓骨神経断裂などの血管・神経損傷が危惧されます。

急性期のPLS損傷は、膝外側部に圧痛を認め、広範な腫れと皮下血腫を認めます。
PCL損傷、半月板損傷を合併しているときは、関節内血腫を伴います。
PLS損傷では、内反動揺性と回旋動揺性のいずれか、あるいは両方が見られます。
これらの動揺性を確認することにより、どの靱帯を損傷しているかが分かります。

内反ストレステストは、仰臥位になり、完全伸展位と30°の屈曲位で行います。
30°屈曲位のみで関節裂隙が開大するときは、LCL単独損傷が疑われます。
完全伸展位でも、関節裂隙の開大が認められるときは、PLSの広範な損傷やPCL損傷の合併を疑うことになります。

LCL損傷でも、腓骨頭からの剥離骨折では、スクリューによる固定が行われています。
靭帯実質部での断裂は、LCLの縫合術が行われています。
大腿骨付着部での剥離骨折では、海綿骨スクリュー固定が実施されています。

実際のところ、LCL単独損傷は稀で、腸𦙾靭帯や広範な関節包の断裂を伴うことが多く、損傷した靭帯に対しては、速やかに修復術を行い、剥離骨片を伴うときは、骨接合術を併用すべきです。