42 手の仕組み
43 右手首の腱鞘炎と前腕部の炎症
44 手根骨の骨折 有鈎骨骨折 (ゆうこうこつこっせつ)
45 手根骨の骨折 有頭骨骨折(ゆうとうこつこっせつ)
46 手根骨の骨折 舟状骨骨折 (しゅうじょうこつこっせつ)
47 手根骨の骨折 月状骨脱臼 (げつじょうこつだっきゅう)
48 手根骨の骨折 .舟状・月状骨間解離 (しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)
49 手根骨の骨折 三角・月状骨間解離 (さんかく・げつじょうこつかんかいり)
50 キーンベック病=月状骨軟化症 (げつじょうこつなんかしょう)
51 手根骨の骨折 手根不安定症 (しゅこんふあんていしょう)
52 手根骨骨折のまとめ
53 手根骨の骨折 TFCC損傷
54 手指の各関節の側副靭帯損傷
55 手指伸筋腱損傷 (しんきんけんそんしょう)
56 手指の伸筋腱脱臼 (しんきんけんだっきゅう)
57 手指の屈筋腱損傷 (くっきんけんそんしょう)
58 手指の脱臼と骨折 中手骨頚部骨折 (ちゅうしゅこつけいぶこっせつ)
59 手指の脱臼と骨折 中手骨基底部骨折 (ちゅうしゅこつきていぶこっせつ)
60 手指の脱臼と骨折 中手骨骨幹部骨折 (ちゅうしゅこつこつかんぶこっせつ)
61 手指の脱臼と骨折 ボクサー骨折
62 手指の脱臼と骨折 PIP関節脱臼骨折
63 手指の脱臼と骨折 マレットフィンガー=槌指
64 手指の脱臼と骨折 母指CM関節脱臼
65 クロスフィンガー
66 突き指のいろいろ
67 手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障害のポイント
68 手指の欠損について

手指の正常な状態では、上側に伸筋腱、下側に屈筋腱、関節の左右には、内・外側側副靱帯があり、それぞれ連結して、指の可動域を確保しています。

腱断裂のイラストでは、示指の伸筋腱が、DIP関節のところで断裂しています。
突き指の外力で生じた皮下断裂であり、突き指=伸筋腱の断裂が圧倒的多数です。
断裂した先の手指は、伸ばすことはできません。
DIP、PIP関節上部での皮下断裂は、一般的には、保存療法で治療し、装具により、手指を伸ばした状態で4週間以上の固定が行われるのが一般的です。
指先の腱断裂であっても、開放性では、早期に開創、短縮している腱の断端を引き寄せ、縫合しなければなりません。
しかし、伸筋腱の皮下断裂では、時間が経過すると、それほど大きな痛みを感じません。
次は、裂離骨折のイラストをチェックしてください。
これは、示指の伸筋腱が、DIP関節より先の付着部から断裂して外れたことを意味します。
これは裂離骨折もしくは剥離骨折と呼ばれています。
腱と関節包との結合部位では剥離骨折が多く、伸筋腱断裂によってマレットフィンガーと呼ばれる遠位指節間関節の屈曲変形が生じることがあります。

軽度であれば6週間程度の固定で改善が得られますが、重度の腱損傷や骨折を伴うときは、手術が選択されています。
骨折型、粉砕の程度、軟部組織の損傷の程度によっては、手術後に指拘縮が起こりやすく、また、発生部位に関わらず、整復が不完全なときは、運動障害や運動痛を残します。
次に、脱臼骨折です。
イラストは、右示指の真ん中、PIP関節部における脱臼骨折で、交通事故による突き指では、頻度が高いものです。
手指の関節の骨折では、もっとも治療が困難で、手術が選択されることが多いのです。
関節が安定していればシーネなどで固定して治療しますが、
関節が不安定で、関節面に40%以上のズレが認められるときは、手術が選択されます。
最後は、側副靱帯の断裂です。
イラストでは、右手示指のPIP関節部、内側側副靱帯が断裂しています。
手指関節の両側には、関節の側方への動揺性を制御し、横方向に曲がらないようにしている側副靭帯という組織があります。
側副靭帯は転倒などで、側方への強い外力が加わったときに損傷します。
受傷直後に適切な治療を行わないと、側方へ指が曲がる、クロスフィンガーや力が入らない等、不安定性を残します。実は、示指よりも、母指MP関節尺側側副靭帯の損傷が好発部位です。
母指第2関節の尺側の側副靭帯の完全断裂では、ギプス固定を行っても治癒することはありません。
最初から手術の選択となり、専門医の領域です。
不安定性が少ないときは、2~4週間のギプス固定で、その後、徐々にリハビリが開始されます。
XPで異常が確認されないときでも、一定期間の外固定は必要となります。
それでも、不安定性が改善されないときは、手術が選択されています。

突き指における後遺障害のポイント

1)交通事故で突き指となっても、ちょっとした不自由や痛みを感じながら、仕事を続けるのですが、症状はどんどん悪化していきます。
その頃に、専門医を受診すると、入院下で手術と診断される可能性があります。
早期に専門医を受診すれば、右第2指伸筋腱断裂、右第2指遠位伸筋腱裂離骨折、右第2指PIP関節脱臼骨折、右第2指外側側副靱帯断裂の傷病名となり、手術の内容も診断書に記載されます。
2)指の後遺障害は、骨折部の痛みと関節の機能障害です。
例えば、母指で10級7号の認定を受けるには、MCP、IP関節の可動域が、健側の2分の1以下でなければならず、他の指でも、用廃では、MCP、PIPが2分の1以下というのが認定要件です。
ところが、先の傷病名が出ても、2分の1以下には、滅多になりません。
したがって、痛みを立証して14級9号の認定を受けることになります。
突き指では、後遺障害よりも、専門医を頼って治すことが優先になります。