42 手の仕組み
43 右手首の腱鞘炎と前腕部の炎症
44 手根骨の骨折 有鈎骨骨折 (ゆうこうこつこっせつ)
45 手根骨の骨折 有頭骨骨折(ゆうとうこつこっせつ)
46 手根骨の骨折 舟状骨骨折 (しゅうじょうこつこっせつ)
47 手根骨の骨折 月状骨脱臼 (げつじょうこつだっきゅう)
48 手根骨の骨折 .舟状・月状骨間解離 (しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)
49 手根骨の骨折 三角・月状骨間解離 (さんかく・げつじょうこつかんかいり)
50 キーンベック病=月状骨軟化症 (げつじょうこつなんかしょう)
51 手根骨の骨折 手根不安定症 (しゅこんふあんていしょう)
52 手根骨骨折のまとめ
53 手根骨の骨折 TFCC損傷
54 手指の各関節の側副靭帯損傷
55 手指伸筋腱損傷 (しんきんけんそんしょう)
56 手指の伸筋腱脱臼 (しんきんけんだっきゅう)
57 手指の屈筋腱損傷 (くっきんけんそんしょう)
58 手指の脱臼と骨折 中手骨頚部骨折 (ちゅうしゅこつけいぶこっせつ)
59 手指の脱臼と骨折 中手骨基底部骨折 (ちゅうしゅこつきていぶこっせつ)
60 手指の脱臼と骨折 中手骨骨幹部骨折 (ちゅうしゅこつこつかんぶこっせつ)
61 手指の脱臼と骨折 ボクサー骨折
62 手指の脱臼と骨折 PIP関節脱臼骨折
63 手指の脱臼と骨折 マレットフィンガー=槌指
64 手指の脱臼と骨折 母指CM関節脱臼
65 クロスフィンガー
66 突き指のいろいろ
67 手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障害のポイント
68 手指の欠損について

患指がとなりの指の下側に潜り込むことを、クロスフィンガーと言います。
示指中手骨骨折部が回旋した状態で骨癒合したことが原因であり、通常は骨切り術で対応します。
再骨折させ、指を曲げたときに重ならない位置に整複して、ミニプレートなどで固定する手術です。

クロスフィンガーにおける後遺障害のポイント

1)手の専門医の骨切り術でクロスフィンガーが矯正されれば、後遺障害を残しません。
2)クロスフィンガーによる後遺障害は、等級認定表に定めがありません。
手指の後遺障害は、手指の欠損もしくは用廃、手関節の機能障害が規定されているだけです。
したがって、手指に運動制限は認められない場合、他の後遺障害に準じて等級の認定を求めることになります。
こんなときは、クロスフィンガーにより、日常・仕事上でどのような支障が認められるのか、丹念に立証していかなければなりません。