1 骨盤骨 骨盤の仕組み
2 骨盤骨折・軽症例
3 骨盤骨折・重症例
4 骨盤骨折に伴う出血性ショック  内腸骨動脈損傷 (ないちょうこつどうみゃくそんしょう)

 

骨盤は左右の恥骨、坐骨、腸骨と仙骨で構成され、後方は仙腸関節、前方は恥骨結合で融合して骨盤輪を形成しており、体幹の姿勢を支え、身体の要となっています。

(1)腸骨翼骨折 (ちょうこつよくこっせつ)

腸骨翼は、腰の両横にあって、ベルトがかかる部位です。

腸骨翼は、前方、後方、側方からの衝撃で骨折し、出血を伴わないものは軽症例です。

ドーヴァネイ骨折とも呼ばれていますが、入院下で、安静が指示されますが、1週間もすれば歩行器を使用したリハビリが開始され、1~2ヶ月で後遺障害を残すこともなく、軽快しています。

 

ただし、単独骨折であっても骨盤腔内に3000mlを超える大出血をきたすことがあり、その際は、出血性ショックに対応して全身管理を行う重症例となります。

 

(2)恥骨骨折・坐骨骨折 (ちこつこっせつ・ざこつこっせつ)

恥骨・坐骨は前方からの外力、下方からの外力により骨折し、骨盤骨折の中で、もっとも頻度が高いものです。

交通事故では、自転車やバイクを運転中、出合い頭衝突で前方向から衝撃を受ける、ドスンとお尻から落下したイメージです。

 

恥骨骨折の重症例では、膀胱損傷、尿道損傷を合併することがあります。

坐骨骨折では、半腱・半膜様筋・大腿二頭筋により、骨折部は下方へ転位し、股関節の伸展運動ができなくなります。

 

片側の恥骨や坐骨の骨折であれば、ほとんどは、安定型骨折であり、入院は必要ですが、手術に至ることはありません。

安静下で、鎮痛薬や非ステロイド性抗炎症薬、NSAIDが投与されます。

多くは、1週間の経過で歩行器を使用して短い距離を歩くリハビリが開始され、1~2ヶ月の経過で、後遺障害を残すことなく、症状は軽快しています。

 

(3)尾骨骨折 (びこつこっせつ)

仙骨の下についている骨で、尻尾の名残であり、尾底骨とも呼ばれています。

 

交通事故では、自転車、バイクでお尻から転倒したときに骨折することが多いのですが、3~5個の尾椎が融合したもので、つなぎ目があることと、事故前から屈曲変形していることもあり、XPでは骨折と判断することが困難であることが特徴です。

治療は、通常は保存的に安静が指示されています。

尾骨骨折により、尾骨が屈曲変形をきたしたときは、女性では、正常産道を確保できません。

分娩は、帝王切開に限定されることになり、婦人科医の診断書で、このことを立証すれば、11級10号が認定されています。