8-1

眼球結膜(白目の部位)には、大小の血管が多数存在しています。
この血管が、交通事故によるまぶたや顔面打撲などで破れ、結膜の下に出血が広がるものを球結膜下出血と呼ばれています。
白目の部分に出血するので目立ちますが、痛みや異物感の自覚症状はありません。
球結膜下出血で後遺障害を残すことは通常は考えられません。