生命を維持するには、酸素と栄養素を体内に取り込むことが必要不可欠です。

酸素を体内に取り込むのは呼吸器系、栄養素を取り込むのは消化器系の臓器です。

 

ところが、ここに2つの問題があります。

取り込まれた栄養素は、吸収されると、酸化して二酸化炭素(炭酸ガス)が発生します。

体内に炭酸ガスが充満すると、さまざまな障害を引き起こすため、生命を維持するためには、酸素を取り込み、不要となった炭酸ガスを排出し続けなければなりません。

 

さらに、酸素は、栄養素と違って、体内に備蓄することができません。

酸素の供給が停止した場合、大脳で8分、小脳で13分、延髄・脊髄では45~60分を経過すると、組織は死滅し、生命を失うとされています。

呼吸器系は、24時間酸素を取り込み、炭酸ガスを排出し続けており、生命を維持する上で、非常に重要な役割を担っています。

 

肺は、心臓を挟んで左右に1つずつあります。

心臓の位置は、やや左寄りで、左肺は右肺に比較すれば、小さくなっています。

肺は、右肺が上葉・中葉・下葉の3つに、左肺は上葉・下葉の2つに分かれています。

両肺は、縦隔で仕切られ、横隔膜によって支えられています。

肺は、空気の吸入と排出を行い、肺胞で、酸素を血液中に取り込み、血液中の二酸化炭素(炭酸ガス)を排出します。

 

気道の大部分と肺胞は、肋骨、脊椎、肋間筋、横隔膜に囲まれた胸郭の中に収納されており、胸郭は、収縮・拡張を繰り返し、肺の中に空気を取り入れ、押し出すポンプの役目を果たしています。胸郭内は、常に気圧より低い陰圧に保たれており、肺の働きをサポートしています。

 

気道とは、空気中の酸素を肺胞に導き入れ、肺胞内の二酸化炭素を体外へ排出する導管のことです。

気道は、口腔⇒鼻腔・副鼻腔⇒咽頭⇒喉頭⇒気管⇒気管支⇒細気管支という経路となっています。

 

胸膜は、肺を直接包み込んでいます。

左右の肺に挟まれた胸腔の正中部は縦隔と呼ばれ、心臓、胸腺、気管、気管支、食道、大動脈、大静脈、胸管、神経などの器官があります。