耳介は、軟骨の上に、軟骨膜と皮膚を貼り付けたような形であり、耳介が強く擦られると、皮膚と軟骨の間が剥がれて隙間ができ、そこに血液が溜まって、紫色に腫れ上がります。
溜まった血液=血腫が、軟骨への血液供給を遮り、軟骨は壊死して耳が変形するのです。

この変形は、相撲、柔道、レスリング、ボクシング、ラグビーの選手によく見られるのですが、交通事故でも、歩行者、自転車やバイクの運転者に多発しています。

隙間に溜まった血液は、注射針で吸い取っても、直ぐに、血液が溜まってくるのです。
完璧に治癒させるには、隙間をなくす手術を受けなければなりません。
耳介血腫を繰り返すと、その隙間を埋めるように、軟骨が盛り上がり、耳介が変形します。
こうなると、手術で新しくできた軟骨を切除する治療が選択されます。

放置すると、元に戻ることはありません。
耳介は硬くなり、付け根が切れやすくなります。