1-1

眼をカメラにたとえると、眼瞼はレンズキャップ、角膜と水晶体は組み合わせレンズの役割をし、この2つはピント合せも担当しています。瞳孔はシャッター、虹彩は絞り、網膜はフィルムの役目を担っています。

網膜に結んだ像は100万本の神経線維が束となった視神経を通じて脳内の視覚中枢に電気信号で送信され、視覚が生じます。 眼球は頭蓋骨中に収納され、周りは脂肪のクッションで保護されています。 人間は全情報の80%を眼=視覚で受け取っています。

1-2

眼の後遺障害は、大きくは眼球の障害と眼瞼の障害の2つに区分されます。
そして、眼球の後遺障害は、視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害の4つに細分化され、
眼瞼の障害は、欠損と運動障害の2つに細分化されています。
ここでの重要なポイントは、外傷に起因する他覚的所見によって後遺障害の存在を証明できることが、等級認定の要件となっていることです。