CTで、上下の関節突起の中央部が断裂しています。
分離症は、椎弓の一部である上下の関節突起の中央部が断裂しており、連続性が絶たれて、椎弓と椎体、つまり、背骨の後方部分と前方部分が離れ離れになった状態です。
原因は、先天性と後天性があるとのことですが、日本人の5~7%に分離症があると言われています。
もっとも、大多数は、分離症があっても、痛みもなく、通常の日常生活を続けられています。
交通事故の場合、衝撃が腰部に加わり、椎体が前方向にすべり、分離すべり症となるのです。
分離すべり症のほとんどは、L5に発生します。
治療は、腰椎コルセットを装用、安静加療が指示されます。
安定期に入ると、腹筋・背筋を強化するリハビリで腰痛の発生を抑えます。
腰痛や神経根圧迫による臀部、下肢の疼痛、間欠性跛行で歩行できる距離が100m以内、膀胱・直腸障害が出現しているときは、神経の圧迫を除去する椎弓切除術、脊椎固定術が実施されます。

最近では、TLIF片側進入両側除圧固定術が主流となりつつあります。

腰椎分離・すべり症における後遺障害のポイント

1)素因減額
事故前には、支障なく普通に日常生活をしていたのですが、画像で分離症が確認されると、既往歴と断定されることになります。
椎弓切除術、脊椎固定術が実施されても、脊柱の変形で11級7号が認定されることはありません。
保存療法、手術にかかわらず、L5に疼痛を残す場合は、3DCT、MRIで骨癒合を明らかにし、痛みの神経症状は後遺障害診断書で明らかになれば、14級9号が認定され得ます。