※胸膜 左右それぞれの肺および胸壁の内側を覆う2枚の薄い膜

※胸壁 皮膚から胸膜までの壁のようになっている部分で、肋骨や筋膜からなる部分

※胸郭 胸椎・肋骨・胸骨で囲まれた籠

※胸腔 肺と胸壁と横隔膜にはさまれた空間で、胸水がたまるところ

※縦隔 左右の肺の間の部分、心臓、食道、気管や心臓に通じる大血管などがあるところ

※気道鼻腔・副鼻腔⇒咽頭⇒喉頭⇒気管⇒気管支⇒細気管支で構成された空気の通路

※肺 伸縮する風船のような器官

※肺胞気道の先端にある袋でガス交換の場

※心膜 心臓を袋のように包んでいる膜で、心のうとも呼ばれる

※横隔膜 胸郭の下辺をなす筋肉。収縮・弛緩により肺の拡張・縮小を調節する呼吸筋

※腹腔 腹壁で囲まれ、内部に胃や腸などの消化器が存在する空間

※腹膜 胃、腸、肝臓などの腹部の臓器および腹壁の内側をおおう薄い膜

 

胸部外傷によって損傷した肺や気管から漏れた空気が、皮下組織にたまるのが皮下気腫です。

気管や気管支が断裂したときは、左右の肺に挟まれた縦隔に漏れた空気がたまります。

これを縦隔気腫といいます。

 

これらは、交通事故外傷、特に胸部の打撲、高所からの転落、挟まれたことによる挟圧外傷などで、肋骨・胸骨が骨折し、肺、気管、気管支、食道などが損傷することで発症しています。

 

皮下気腫では、胸や頚部に空気がたまり、その部位が膨らみ、強い痛みを訴えます。

膨らんだ部位に触れると、雪を握ったようなサクサクとした感触があります。

また、患部を圧迫すると、プチプチと気泡が弾けるような音を感じます。

症状としては、胸痛や呼吸困難を訴えることがあります。

 

縦隔気腫は、胸痛、呼吸困難、息切れ、チアノーゼの症状があり、多くで、血痰が確認されています。

いずれも、胸部XP、CT検査で確定診断され、呼吸困難はパルスオキシメーターの測定値、SpO2で確認されています。

軽度なものは、2~3週間の安静で治癒していますが、進行性で、拡がりの大きい皮下気腫では、皮膚切開による排気が実施されます。

縦隔気腫では、その原因になる気管・気管支破裂、食道穿孔・破裂が精査され、内科的な治療で改善が得られないときは、損傷部位の縫合術が必要となります。

※SpO2

パルスオキシメーターの測定値をSpO2と言います。

血液中の酸素の大半は、健康であれば99%近くは、赤血球の中のヘモグロビンによって運ばれます。

血液中のヘモグロビンのうち、実際に酸素を運んでいるヘモグロビンの比率のことであり、単位は%で表示されています。

 

皮下気腫、縦隔気腫における後遺障害のポイント

 

1)皮下気腫もしくは縦隔気腫の傷病名であっても、呼吸障害を残す重症例は少ないといわれています。

呼吸障害が残っている場合は、以下の3つの検査で立証します。

 

①動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果

②スパイロメトリーの結果及び呼吸困難の程度

③運動負荷試験の結果