上腕骨の遠位端部は、前腕の尺骨と橈骨とで肘関節を形成しています。
(1)上腕骨顆上骨折 (じょうわんこつかじょうこっせつ)

上腕骨遠位端骨折では、上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折の2種類があり、交通事故では、自転車やバイクの転倒時の打撃で多発しています。
肘関節の痛みや腫れ、可動域および運動の制限が主たる症状で、単純XP撮影で診断が可能ですが、亀裂骨折では発見できないこともあり、CT撮影が有用です。
徒手整復を行い、骨折部位をギプスで固定する方法と、骨折した方の腕を上から垂直牽引(上から引っ張る)する保存的治療があります。

ギプスで固定する方法は、徒手整復時に血管や神経を痛めつける可能性が予想され、血流のうっ滞を防止する意味からも、垂直牽引を行う治療方法が圧倒的です。
上腕骨顆上骨折で、深刻な問題となる合併症および後遺障害は、フォルクマン拘縮です。
その他に考えられる合併症は、正中神経麻痺・尺骨神経麻痺です。
先に説明の橈骨神経麻痺は、上腕骨顆上骨折では、ほとんど発生していません。
肘の骨折ですが、肘が内側に曲がったまま骨癒合するケースがあります。
肘関節の拘縮も多発しています。
(2)上腕骨外顆骨折 (じょうわんこつがいかこっせつ)
肘関節の痛みや腫れ、可動域および運動の制限が主な症状で、単純XP撮影で診断が可能です。
外顆骨片には手指を伸ばす、手のひらを上に向ける回外筋が付着しており、受傷直後のX線写真では転位が見られないときでも、ギプス固定中に骨片の転位が進行することがあります。
転位が放置されたままでは、固定を続けても骨癒合は得られません。
成長につれて外反肘となり、運動制限と神経麻痺の原因になります。
したがって、上腕骨外顆骨折は、関節内の骨折につき、ほとんどのケースで手術が選択され、キルシュナー鋼線やスクリューなどを用いて内固定が実施されています。
受傷後6ヶ月で症状固定の目安となり、肘関節の機能障害として12級6号が認められる可能性があります。
※外反肘(がいはんちゅう) 腕を伸ばすと、肘が異常に外側に曲がる変形障害のこと、

上腕骨遠位端骨折における後遺障害のポイント

1)XP、CT画像をじっくりと検証して骨折が肘関節におよんでいないものは、一安心で、その後の骨癒合状況と肘関節の可動域をフォローします。後遺障害としては、12級6号が認定される可能性があります。
2)顆上骨折であれば、関節内骨折ではなく成長軟骨板にかかる骨折、つまり骨端離開でもありません。フォルクマン拘縮を排除できれば、後遺障害を残すことなく治癒するのが一般的です。
なお、被害者の方が、子どもの場合、ほとんどが、後遺障害を残すことなく、改善が得られています。