上腕とは、肩関節からぶら下がる二の腕のことで、上腕骨近位端とは、肩関節近くの部位です。
上腕骨近位端骨折は、骨折の部位と骨片の数で、重傷度や予後、治療法が決まります。
上記のイラストは、骨折の部位と骨片の数による分類を示しています。
臨床上、この骨折は、骨頭、大結節、小結節、骨幹部の4つに区分されています。

交通事故では、肩を地面に打ちつけることで発症しています。
高齢者では転倒などの軽い外力により、手をついただけで骨折に至ることが多く、上腕骨近位端骨折は、股関節部の大腿骨近位端骨折、手関節部の橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折と並び、高齢者に多い骨折の一つで、その背景には、骨粗しょう症の存在があります。

   前面右         後面右           外側

上腕骨の大結節、小結節は、上腕骨骨頭部で肩関節を構成している部分ですが、上記の前面右図で説明すると、上部左側の小さな盛り上がりが小結節、左上部の大きな盛り上がりが大結節です。

左は上腕骨が肩甲骨の関節窩に衝突、大結節が骨折したもの、右は、大結節が肩峰に衝突、骨折したもの、

上は、棘上筋の牽引により大結節が剥離骨折したものです。
骨頭でズレのないときは、3週間の三角巾固定で十分です。
転位が認められるときは、X線透視下に徒手整復を実施、4週間のギプス固定を行います。
脱臼を整復すれば骨折も整復されることが多いのです。
大結節では、転位が軽度でも肩関節の炎症を起こしやすく、経皮的にKワイヤーやラッシュピンで固定するのが主流です。
小結節、骨幹部では、いずれも観血的整復固定術の適用です。
髄内釘やプレート固定が実施されます。
症状固定時期は、受傷から6ヶ月を目処に、治療状態をみて決断します。
後遺障害は肩関節の機能障害で、12級6号、10級10号の選択となります。
小結節、骨幹部で転位の大きいものは、骨頭壊死を発症する可能性が高く、上腕骨頭が壊死すれば、人工骨頭置換術が行われます。
骨粗しょう症の進んだ高齢者では、高頻度に壊死が懸念されるのです。

上腕骨近位端骨折における後遺障害のポイント

1)上腕骨近位端骨折では、肩関節の機能障害、つまり可動域制限と骨折部の疼痛が後遺障害の対象となります。
部位 主要運動 参考運動
肩関節 屈曲 外転 内転 合計 伸展 外旋 内旋
正常値 180° 180° 0° 360° 50° 60° 80°
8級6号 20° 20° 0° 40°
10級10号 90° 90° 0° 180° 25° 30° 40°
12級6号 135° 135° 0° 270° 40° 45° 60°
認定される等級は、機能障害においては、8級6号、10級10号、12級6号から、痛みの神経症状では、12級13号、14級9号からの選択です。
2)角度だけで等級が決まるのか
2分の1以下なら問題なく10級10号が認定されると解説しているものもありますが、可動域制限では、その原因を緻密に立証しなければなりません。
ポイントは骨癒合であり、この点が、しっかりチェックされています。
損害保険料率算出機構自賠責調査事務所は、角度だけの10級10号は、「そのような高度な可動域制限が発生するとは考えられない」 として、12級6号もしくは非該当としています。