顔面は11種18個の骨から構成され、下顎骨を除いて互いに接合してひとつの骨を形成しています。

顔面骨折は、受傷原因や外力の強さの方向により、単独骨折と多発骨折に分かれます。

骨折となると、整形外科のイメージですが、顔面骨折では、形成外科で診断・治療が行われています。

顔面骨折は

①鼻骨骨折

②鼻篩骨骨折

③頬骨骨折・頬骨弓骨折

④眼窩底骨折

⑤上顎骨骨折

⑥下顎骨骨折

⑦前頭骨骨折

⑧陳旧性顔面骨骨折

⑨顎変形症

 

上記の9つに分類されますが、交通事故では、これらの複数が合併することもしばしばです。

また顔面・頭蓋は多くの骨の組み合わせからなるため、骨折の部位・症状により、眼科・耳鼻科・脳外科・歯科と協力して治療が行われています。

 

診察とXP、CT、MRI検査で確定診断されており、治療の中心は手術による整復・固定で、骨折による症状、開口障害、物がだぶって見える複視や醜状では、手術の対象となります。

多数例で、ずれた骨が再癒合し始める前、受傷から4~10日前後に手術が実施されています。

 

手術の際の皮膚切開は、できるだけ傷跡が残らない切開線を選ぶよう、工夫されています。

通常、チタンプレートとスクリューで固定されていますが、最近では、数ヶ月で体内に吸収される吸収性プレートやスクリューが普及しています。

吸収性プレート、スクリューの特徴は、骨癒合が完了する数ヶ月の期間は強度が保たれ、その後6ヶ月~1年で体内に吸収されることで、抜釘の必要がなく、子どもの成長にも対応できることです。

 

顔面骨折 もう1つの分類

顔面骨折は、複数が合併することがあり、ルフォーⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型の3つに分類されています

 

①ルフォーⅠ型

鼻骨骨折、下顎骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折、上顎骨骨折

 

②ルフォーⅡ型

鼻骨、上顎骨前頭突起、涙骨、篩骨、眼窩底、上顎骨頬骨縫合部、翼口蓋窩~翼状突起に達する骨折、上顎から眼窩にかけての骨折、

 

③ルフォーⅢ型

鼻骨を横断し、眼窩後壁を経て下眼窩裂、頬骨の前頭突起を通り、後方へ向かい、上顎骨と蝶形骨の間を通過、顔面骨が頭蓋底と分離しています、

 

なおイラストでは、Ⅰ~Ⅲ型とは別に、頬骨だけの粉砕骨折を示しています。

 

顔面骨折の原因としては、交通事故、スポーツ中の事故やけんかなどにより顔面を打撲することがあげられます。骨折がみられる頻度としては、鼻骨骨折、下顎骨骨折および頬骨骨折などが頻度の高いものです。