急性硬膜外血腫(きゅうせいこうまくがいけっしゅ)

頭蓋骨と、頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜の間に出血がたまって血腫になったもので、多くは、硬膜の表面に浮き出たように走っている硬膜動脈が、頭蓋骨骨折に伴って傷ついたために出血し、硬膜と頭蓋骨の間に出血がたまって硬膜外血腫になります。

5-1

5-2

画像左側に凸レンズ状に白く広がっているのが急性硬膜外血腫です。

傷病名が急性硬膜外血腫のみにとどまり、大きな意識障害の伴わないものは、高次脳機能障害を残すことはありません。