1 背骨の仕組み
2 外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)
3 外傷性頚部症候群の神経症状について
4 バレ・リュー症候群と耳鳴り、その他の障害について
5 腰部捻挫・外傷性腰部症候群
6 外傷性腰部症候群の神経症状
7 腰椎横突起骨折 (ようついおうとっきこっせつ)
8 上腕神経叢麻痺 (じょうわんしんけいそうまひ)
9 中心性頚髄損傷
10 環軸椎脱臼・亜脱臼 (かんじくついだっきゅう・あだっきゅう)
11 上位頚髄損傷 C1/2/3 (じょういけいずいそんしょう)
12 横隔膜ペーシング
13 脊髄損傷
14 脊髄不全損傷=非骨傷性頚髄損傷
15 脊髄の前角障害、前根障害
16 脊髄の後角障害、後根障害
17 バーナー症候群
18 脊髄空洞症
19 頚椎症性脊髄症
20 後縦靱帯骨化症 OPLL
21 腰部脊柱管狭窄症
22 椎骨脳底動脈血行不全症 (ついこつのうていどうみゃくけっこうふぜんしょう)
23 腰椎分離・すべり症
24 胸郭出口症候群 (きょうかくでぐちしょうこうぐん)
25 複合性局所疼痛症候群 (ふくごうせいきょくしょとうつうしょうこうぐん) CRPS
26 低髄液圧症候群=脳脊髄液減少症= CSFH (のうせきずいえきげんしょうしょう)
27 梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)
28 線維筋痛症 (せんいきんつうしょう)

 

CRPSに続く難治性の疼痛疾患に線維筋痛症があります。
恒常的、慢性的、持続的な全身の激しい疼痛を主たる症状として、全身の重度の疲労や種々の症状を伴う難治性の深刻な疾患ですが、関節リウマチのような関節の炎症はありません。
血液、尿検査で炎症反応が得られず、脳波、心電図検査を行っても異常所見はなく、XP、CT、MRI画像の撮影でも、明らかな器質的損傷を確認することができません。現在でも、医師が押さえると痛みを感じる=圧痛点が複数の箇所に確認できることで、この傷病名が確定診断されています。
1)2010年の米国リウマチ学会 線維筋痛症の診断基準
WPI=過去1週間の19カ所の疼痛範囲の数(1項目1点)
□右肩 □左肩 □右上腕 □左上腕 □右前腕 □左前腕 □右臀部 □左臀部 □右大腿
□左大腿 □右下肢 □左下肢 □右顎 □左顎
□胸部 □腹部 □首 □上背 □下背
SS症候=痛みの部位を評価する広範囲疼痛指標
疲労、起床時不快感、認知症状、3つの症状について、過去1週間の重症度レベルを0~3の中からつけます。
□疲労 0 1 2 3
□起床時の不快感 0 1 2 3
□認知症状 0 1 2 3
SS=一般的な身体症候
□筋肉痛 □過敏性腸症候群 □疲れ/疲労感 □思考または記憶障害 □筋力低下 □頭痛
□腹痛/腹部痙攣 □痺れ/刺痛 □眩暈 □睡眠障害 □うつ □便秘 □上腹部痛 □吐気
□神経質 □胸痛 □視力障害 □発熱 □下痢 □ドライマウス □かゆみ □喘鳴
□レイノー症状 □蕁麻疹 □耳鳴り □嘔吐 □胸やけ □口腔内潰瘍 □味覚障害 □痙攣
□ドライアイ □息切れ □食欲不振 □発疹 □光線過敏 □難聴 □あざができやすい □抜け毛
□頻尿 □膀胱痙攣 □排尿痛
0 問題なし
1 軽い、もしくはほとんどない、または症状があったりなかったりする
2 中くらい、日常に支障がある、ほとんど常に感じる
3 強い、持続的、日常生活にかなり支障になる
3ヶ月以上、身体全体の痛みが続き、他疾患とは考えにくいこと、WPIが7以上+SS症候が5以上、または、WPIが3~6+SS症候が9以上のものを、線維筋痛症と認定すると定義されています。
2)厚生労働省研究班による線維筋痛症の重症度
ステージ1 11ヶ所以上の圧痛点で痛みがあるが、日常生活で重大な影響はない
ステージ2 手足の指などに痛みが拡がり、不眠、うつ状態が続き、日常生活が困難になる
ステージ3 爪や髪への刺激、温度・湿度変化でも激しい痛みがあり、自力での生活が困難
ステージ4 ほとんど寝たきり、自分の体重による痛みで、長時間、同一姿勢がとれない
ステージ5 全身に激しい痛み、直腸障害や口の渇き、目の乾燥などで日常生活が不可能