弁護士に依頼するメリット

当事者が負傷した場合など、ある程度大きな交通事故にあった時には、弁護士に依頼した方が良いのかどうか迷ってしまうことがあると思います。
結論としては、できるだけ早い段階で弁護士に依頼した方が良いのですが、依頼することによるメリットについてここでご紹介いたします。

弁護士に依頼すれば交渉がはかどる

交通事故の示談交渉は当事者間でもできます。
しかし、法律の知識がないことで、守られるべき被害者の権利が場合によってはないがしろにされることもあります。
当事者間で交渉することにより、感情的になり、交渉を複雑にしてしまう恐れもあります。

当事者間の交渉が行き詰まれば、訴訟を提起して解決するといった選択肢もありますが、時間がかかり長期化することもあります。

そのため、示談交渉を弁護士に依頼することで、加害者側からの不当な要求も抑えて、解決の長期化を防ぐこともできます。
弁護士に依頼すると示談交渉を一任できるだけでなく、賠償金(示談金)の増額も望めます。
個人で示談交渉に臨むよりも遥かにメリットは大きいのです。

弁護士なら相手の保険会社が介入しても対等に交渉ができる

保険会社の担当者は、自動車事故における交渉のプロです。
保険会社としては、は賠償金(示談金)の支払いをできるだけ抑えたいと思うのが当たり前です。

そのために、豊富な経験と知識に基づき、被害者との示談交渉に臨みます。

結果、裁判基準とはかけ離れた賠償金(示談金)で示談に応じ、十分な治療費の支払いすら受けられないケースも散見されます。

個人では、訴訟を提起することにためらいがあるかもしれません。

しかしながら、弁護士が代理人となって示談交渉を行えば、保険会社の提示する賠償金(示談金)額が適切でない場合は、訴訟提起されることを保険会社も認識しています。

そのため、裁判所基準をベースとした金額で示談がなされることになるのです。
個人の示談交渉よりも、大幅な増額が期待できます。

弁護士に依頼すれば、精神的にも安心

交通事故の当事者になると、事故のショックやその後の手続きで、精神的にも、時間的にも負担がかかります。

そのうえ、治療費をはじめとして、多くの事柄について、保険会社とも交渉しなければなりません。
できれば、保険会社との面倒な交渉に関わらず、治療に専念し、交通事故に遭う前の日常生活を早く取り戻したいものです。

弁護士に委任すれば、事故に関する保険会社との交渉を代行しますから、治療にも専念できます。

また、弁護士に委任すれば、後遺障害の見通しについてもアドバイスを受けられ、適切な治療を受けることができるといったメリットもあります。

交通事故で請求できる損害の項目は多岐に渡ります。
そのため、請求漏れを防ぐことが重要になりますが、交通事故にはじめて遭って、経験や知識のない人が対応するのは困難です。

弁護士に依頼することで、実務上認められている賠償項目について、漏れなく、適切に算出された金額をもって、交渉に臨むことができます。

後遺障害のサポート

適切な治療、申請をすることで、後遺障害についても、適切な認定を受けることができます。

痺れや、むち打ちなどレントゲンなどでは判断できないものが、後遺障害として残ることもあります。

被害者は、後遺障害の有無を見据えて通院し、医師にも症状を正確に伝えましょう。

後遺障害認定にあたっては、レントゲンなどの画像判断だけでなく、診断書の内容、痛みが一貫性を有するものなのか一過性のものなのか、通院履歴などが判断材料になります。

後遺障害認定の有無、認定等級によって、賠償金(示談金)額は大きく変わってくるため、適切な後遺障害認定を受けることが、非常に大事になります。

自賠責保険被害者請求で後遺障害認定申請をする方法はこちら>>>