まずは警察に連絡をしましょう

交通事故に遭ったら、まず被害者がやるべきことは、警察に連絡をすることです。
ときに、加害者は警察を呼ぶのを嫌がることもありますが、警察には連絡しましょう。

警察に介入してもらうのは、損害賠償請求をする段階で加害者の連絡先や、加入している保険会社の連絡先を知ることのほか、事故態様に争いが生じる場合は、目撃者の証言などが必要になるからです。

また加害者が業務中だった場合は、加害者本人だけでなく、加害者の就業先も含めて確認が必要になります。
雇用主も損害賠償の責任を負うことがあるからです。

なお、警察への報告を怠ることで刑事罰が課せられることもあります。
人身事故の場合には現場検証等も行われ、作成された実況見分調書は、後に過失割合が争点となったときに、重要な証拠となるため、作成には細心の注意が必要です。

実況見分時には曖昧な答えをしないことです。
覚えていなければ、はっきり覚えていないと意思表示をしましょう。

適当な返事によって作成された実況見分調書が証拠となり、後で取り返しがつかないことになることだってあります。
実況見分調書は、過失の割合を決めるための大事な書類になります。
冷静に事故の状況を思い出して、正直に警察に話すことが大切です。

事故現場を確認して証拠を残しておきましょう

また、交通事故に遭ったら、警察とは別に、自ら事故現場を確認して、証拠となる記録を残しておきましょう。ドライブレコーダーは、重要な証拠となります。特に、物損事故の場合には実況見分調書は作成されないため、極めて重要な証拠となります。

証拠は、損害賠償請求では非常に重要となります。
例えば、

事故車の状況、衝突部位、負傷部位、破損部位、事故直後の周囲の撮影
信号や一時停止の有無、優先道路はどちらか確認
担当する所轄の警察署と担当者名
加害者の自動車登録番号、所有者の住所氏名、任意保険・自賠責保険の保険会社名

などを記録しておきましょう。
運転手と車の所有者が違う場合もあるため、所有者の確認も必要です。

警察への連絡とともに、自己が加入する保険会社にも連絡をします

加入している保険の内容を確認し、自身が使える保険を確認する必要があります。場合によっては、賠償限度額も確認する必要があります。

目撃者を見つけることも大切です

もし事故の目撃者がいたら、その人の住所、氏名、連絡先も聞いておく方がよいでしょう。

警察での事情聴取でも証言してくれるかもしれませんし、被害者に有利な証言が聞き出せる可能性もあります。

病院で診断書をもらう

交通事故で怖いのは、事故当時は目立った外傷がなくても、後からむち打ちや、重い場合では脳内出血などが判明することです。
そのため、病院で診察を受けて、怪我がないかを検査してもらいます。
怪我が見つかれば診断書を発行してもらいます。

交通事故により負傷した場合には、「物損事故」ではなく「人身事故」になるので、物損事故扱いになっていた場合は、警察署に行って「事故証明書」の種別変更を依頼しなければなりません。

治療を継続すること

痛みがなくなったからと思い、自身の判断で通院を止めるのも避けるべきです。
後日、痛みや後遺症が再発しても、一定期間治療を受けていなかった場合は、その後の治療は、事故との因果関係を否定され、治療費の支払いすら受けることが出来ないからです。
主治医の指示に従わず、自分で判断して治療を止めることは避けましょう。